特定非営利活動法人東松山障害者就労支援センター ホームページへようこそ

特定非営利活動法人東松山障害者就労支援センターは、障がいのある方の「働きたい」を「支え続ける」ことを全ての事業コンセプトとし、この「障がいのある方の働くを支え続ける」という活動を通じて、誰もが住みやすいと思える街づくりを目指します。

令和2年度 法人内部研修を実施しました

令和2年10月26日(月)、当法人職員の内部研修を実施しました。

当法人は、4つの事業拠点がありますが、それそれの場所では就労アセスメントを目的とした「職業適性評価」を実施しております。

今回の研修は、職業評価を実施する際に使用している「幕張版ワークサンプル(MWS)」について、これまで各事業所での活用状況や就労アセスメントに必要な視点について、実演やミーティングを通して再確認することとしました。改めて個々の事業所の異なる実態を確認しつつ、就労アセスメントに必要な視点について共有する時間になりました。

(友田、砂原)

2020年度障害者就労支援者基礎研修「第1回障害者就労アセスメントセミナー」を開催しました

 令和2年9月28日(月)・29日(火)の2日間「第1回障害者就労アセスメントセミナー」を開催しました。

このセミナーは当法人が受託している「埼玉県障害者雇用総合サポートセンター職場定着支援業務部門」が主催し、当法人が企画するプログラムで開催しました。今回はこのコロナ禍の中、感染予防対策を取りながら9名の方にご参加いただきました。

 このセミナーの特徴は、講義で知識として理解した内容を実践的な演習で体現してより理解を深めるものとしています。地域の就労支援の在り方を改めて考えて参加者の皆さんと共有し、障害のある人の就労アセスメントの視点で適切な職場適応支援が行えるよう、その理論と技術を学んでいただきました。

参加者の皆さんは、演習を行ったためかなりの緊張感の中で汗をかきながらの2日間だったと思います。この2日間で得た内容を実践の場で活かしていただき、これからも障害のある方の就労支援の現場でともに頑張ってゆきたいと思っています。

 ご参加ありがとうございました。                                  (根岸)

 

「埼玉県庁人事課スマートステーションflat グランドオープン」の様子について

令和2年4月より、各所属で対応していた庁内の定型業務等を集約しICT の活用等により効率的に処理して、県庁職員のみんなが創造的な仕事に専念できる時間を創出できるよう働き方改革を推進するために作られた部署です。

令和2年9月には、障がいを抱えているスタッフも雇用したことで、本格的な運用が始まりました。9月16日にグランドオープンとなりましたので、その様子をご紹介いたします。

 

日時 :令和2年9月16日(水) 14時~14時15分

 

場所 :県庁本館3階スマートステーションflat

 

〇内容について

 出席者は、人事課の課長様はじめ数名の職員が出席されました。知事の近くに秘書課の方2名ほど出席されていました。また、テレビカメラ1台、その他カメラマンが3人おり写真を撮りました。終わった後、記者の方2人、課長と担当職員にインタビューをされていました。

 特に式次第があるわけでなく、知事が視察をするという形でした。知事がスマートステーション入り口から入り、入り口にてスマートステーション担当の担当職員が、知事を案内する形で始まりました。部屋の真ん中を通りながら、作業の説明受けながら知事は作業されている方に声を掛けられながら進みました。途中、当法人から就職された方が知事から「仕事は多変でしょう」と声を掛けられ、「楽しく仕事させて頂いています」と返答。知事も笑顔で「素晴らしい」という一幕がありました。作業の説明と障害者の雇用について説明しているときに、アドバイザーの話があり、就労アドバイザーの紹介もあり知事と挨拶を交わしました。また、部屋中央の机の付近で、デモンストレーションとして当法人から就職された方ともう一人の方がそれぞれ前に出て知事に披露しました。名刺の印刷機を使って名刺印刷、もう一方は名刺のデータを集約したものを保存しホルダーに保存して作成する過程をお見せしていました。

 最後に知事から、スマートステーションの全スタッフに向けて激励の言葉と話をされて終了しました。視察の時間は正味15分ほどでしたが和やかでかつ緊張感のある時間となりました。

 障害者スタッフの様子として、午前は特に普段と変わらず業務に取り組まれており、デモンストレーションを行う2人はお昼休みに聞いたら、当法人からの方は「少し緊張してきた」との事。もう一人の方も「すごい緊張してる」との事でした。

 

以上グランドオープンの様子でした。  (砂原)

「令和2年度 第2回社会生活力向上セミナー」を開催しました

令和2年9月12日(土)に障害者就業・生活支援センターの交流事業として

今年度2回目の社会生活力向上セミナーを行いました。

 

今回も、検温、手指の消毒、マスクの着用、少人数でソーシャルディスタンス!

を徹底して実施しました。

 

内容は第1回に続き「携帯電話の使い方について」

今回参加されたみなさんも、久々に会う機会でもあり、控えめながらも楽しそうに勉強し交流をされていました。

以前のようなやり方での実施は難しい状況ですが、

みなさんの楽しそうな様子を見ていて、

より多くの人が、集まって交流できるようにするにはどうしたらいいのか。

今後も考えていきたいと思いました。

参加されたみなさん。お疲れさまでした。またの機会をお楽しみに。

 

(手塚、友田、鈴木、木村)

「株式会社福祉の街」様へ見学に行ってきました

当法人の久喜市にある事業所就労支援センターGrassrootsでは、障害者委託訓練「就労準備プログラムコース」を実施しております。

 

令和2911日にプログラムの一環で、さいたま市大宮区にある 株式会社福祉の街 様へ、障害者委託訓練利用中の訓練生3名と職場見学に伺いました。

 

福祉の街 様では訪問入浴を中心に訪問介護やグループホームなど、高齢者の方のサービスや施設を展開しており、介護保険ができる前から、民間企業で介護サービスができるということを、先進的に行ってこられた企業様になります。

さいたま市に本部機能があり、本部では当法人から3名、埼玉県内のデイサービスでも1名の方がお世話になっております。

 

今回は本部の事務の見学ということで、伺わせていただき勉強させていただきました。

事務といっても経理、労務、人事、総務といろいろあり、会社の規模や業種などによっても要求されることが違ってくることなどをご説明いただきました。その後、実際に皆さんがお仕事をされている現場の見学もさせていただきました。

訓練生のみなさんは最初緊張した面持ちではありましたが、お話を聞いているうちに笑顔もこぼれ、事前に考えていた質問や説明や見学をさせていただく中で感じたことなどを積極的に質問する様子も見られました。

 

見学が終わったところでほっとした様子もあり、訓練生にとってはとても緊張する日であり、また実際に事務の仕事を見ることができ、良い機会、良い刺激になったようでした。

 

この度は、お忙しい中、当法人の訓練プログラムにご協力くださいました

株式会社福祉の街 様

取締役 経営管理部 部長 松本様

経営管理部 主任 髙橋様

本当にありがとうございました。(木村T

 

 

就労支援センターGrassrootsの障害者委託訓練「就労準備プログラムコース」について

次回は令和2112日~1225日を予定しております。

プログラムなどに、ご興味がある方、ご相談ください。

 

  就労支援センターGrassroots 電話 0480538896

「令和2年度 第1回社会生活力向上セミナー」を開催しました

令和288日(土)に障害者就業・生活支援センターの交流事業として今年度 第1回のセミナーを行いました。

 

今回は、「携帯電話の使い方について」

普段、みなさんが使っている携帯電話。どのように使っているのか。

SNSも主流になってきており、トラブルも多い中、どういったことに気をつけて、トラブルを回避しているのか。いくべきかを共有する機会としました。

また、Zoomを使ったWeb会議の体験をやってみました。

新型コロナウイルスの感染予防対策として、これまでは約50名の参加者を午前、午後に分け行っておりましたが、今回は、人数を40名にしぼり、今月・来月の2回の開催とし、さらに午前・午後に分け、国の示す感染予防対策を行いつつ、小規模で開催をさせていただきました。

アンケートでも「楽しかった」という意見も多くいただき、賑やかにはいきませんが、久々に会う仲間とささやかな交流ができたのかなと思います。

 

参加されたみなさん。本日はお疲れさまでした。

 

次回 令和2年912日に、ご参加の予定の方。

 

お待ちしております。(手塚、友田、鈴木、木村)

「障害者就労アセスメントセミナー」を開催しました

 7月20日(月)・21日(火)の2日間、浦和合同庁舎にて「障害者就労アセスメントセミナー」を開催しました。本セミナーは埼玉県と当法人が受託している埼玉県障害者雇用総合サポートセンター職場定着支援業務部門が主催し、企画監修を当法人が行いまして開催しました。

 このコロナ禍の中でしたので、受講定員を20名と絞らせていただき、感染予防に配慮しつつの実施となりました。

 セミナーはMWS(ワークサンプル幕張版)のいくつかの作業を実際に体験していただき、活用方法の理解と就労アセスメントに不可欠な行動観察の視点を学べる内容としました。本セミナーがこれから皆様が行う支援の一助になることを祈念しております。                 (根岸)

新しい生活様式に関する当法人ガイドライン

 ご報告が遅くなりましたが、6月に入り「新型コロナウイルス感染症防止対策」の一環として、当法人における新しい生活様式導入のためのガイドラインを制定しました。4拠点ある全ての事業所で、このガイドラインに従って職員は業務にあたっております。

 各事業所へお越しの際には、このガイドラインに従ってご対応させていただくことになるかと思いますが、ご理解いただければと存じます。また場合によって、ご不便。ご面倒なご協力をお願いすることもあるかと思いますが、併せて宜しくお願い申し上げます。

代表理事・若尾勝己

新型コロナウイルス感染症予防対策ガイドライン(2020ver)
2020コロナ感染予防に関する対策基本方針(ガイドライン).pdf
PDFファイル 303.8 KB

「令和2年度通常総会」開催しました。

 本日、令和2年度通常総会を開催いたしまして、総会員数17名中、本人出席10名(個人6名・団体4名)、書面出席6名(個人5名・団体1名)、欠席1名(団体1名)、計16名出席により、準備いたしました全ての審議事項(第1号議案~第4号議案)についてご承認いただき、無事に終了となりました。

 ご出席くださいました正会員の皆さま、また書面によるご回答をくださいました正会員の皆様、いずれもご協力下さいましたこと感謝申し上げます。本年度も、引き続きよろしくお願いいたします。

 なお、以下に定款で定めるとおり、報告事業年度の貸借対照表を掲載いたしますのでご確認ください。

代表理事・若尾勝己

2019事業・貸借対照表.pdf
PDFファイル 138.7 KB

活動自粛のツケを1つ解消…

 緊急事態宣言を受けて、当法人の多くの事業がストップする中、特にその影響があったのがこの外部機関との委託契約で実施させていただいている、植栽・除草管理業務。約1か月半の中断の影響で、広大な敷地内は伸び放題の草地となってしまいました。

 そしてようやく緊急事態宣言解除を受けて、長らくご迷惑をおかけしていた業務をスタートさせたのですが、平時に戻すといっても伸び放題の草たちをいつもの人足で対応できるわけでもなく、本日の作業は男性職員14名を招集し一気に刈り込みました。皆さん、ご協力ありがとうございました。

代表理事:若尾勝己

緊急事態宣言解除を受けて

 4月7日に政府から発令された緊急事態宣言ですが、昨日5月25日付け解除となりました。埼玉県における新型コロナウィルス感染症の新規感染者の数は、ここ1週間を見てもほぼ1ケタの推移となり、一定の抑制になっている状況です。この緊急事態宣言解除の発令を受けて、当法人のすべての事業所は、平時の運営に戻すことになり、就職や日常生活における相談、職場訪問による在職者支援等を少しずつではありますが、リスタートさせております。

 しかしながら、新型コロナウィルス感染症が完全に終息した訳でもなく、またこの未知のウィルスから私たちの身体を守るためのワクチンや効果のある治療法が確立した訳でもないため、リスタートするにも完全な元通りとは行かない状況でもあります。近々、当法人としてのコロナウィルス感染症というリスクに対しての日常的な対応方法や支援提供に際しての具体的な行動プランを策定し、利用される方々は勿論ですが支援を提供する職員も含め「心身の安全」をしっかりと守り、そして「安心」してご利用いただける様、皆様にもお示ししながら事業運営を行ってまいりたいと考えております。

 緊急事態宣言解除に伴い事業活動のリスタートを切りますが、引き続き「防疫」という視点に立った対応をさせていただきながらの事業運営となりますこと、どうかご理解賜りますよう宜しくお願いします。

代表理事:若尾勝己

職場適応援助促進助成金に関する情報提供

 職場への訪問・対面支援が前提となっている「訪問型職場適応援助者(国の制度によるジョブコーチ)」の派遣事業について、コロナウィルス感染症の影響により国が発令した「緊急事態宣言」、都道府県発令の自粛要請に伴い、訪問そのものが実施できない状況が続いている中、様々な不具合が発生しており、これらの問題を早急に改善する必要があるということで、「ジョブコーチ連絡協議会(全国組織の団体)」ではこの間web会議などを通じてこれらへの対応策に必要な緊急対策案などを取りまとめ、これら緊急対応に伴う現行制度の緩和策の要望を「ジョブコーチ連絡協議会名」で厚生労働省に要望書を提出しました。

 昨日の時点で、「書面による回答はできない」という前提ではありましたが、厚生労働省障害者雇用対策課長小野寺氏より口頭による回答いただいたということでその内容を取りまとめ、各関係者にも周知できるよういたしました。

要望書ならびに回答いただいた内容について掲載します。

 

NPO法人東松山障害者就労支援センター 代表理事:若尾勝己

コロナの影響に関する要望書に対する回答20200512.pdf
PDFファイル 214.8 KB

コロナウィルス感染症拡大防止に対する当法人の対応について

 昨年度末より猛威を振るっている「コロナウィルス感染症」につきましては、4月7日(火)に政府が発令した緊急事態宣言、またそれを受けての各方面10人以上が集まる会議やイベントなどの開催自粛、さらには土日の外出自粛や先週辺りからは平日の外出自粛にまで要請の範囲が広がっております。

 当法人におきましても、この様な状況下であることを鑑みて、一部職員の自宅勤務指示、また通常業務の時間短縮指示などを段階的に行ってきており、各関係機関ならびに関係者の皆様にはご不便をおかけしている所かと思います。まだまだ予断の許されない状況ですので、当法人といたしましても「防疫」という観点に立ち、このコロナウィルス感染症をこれ以上拡大させないということを第一優先事項として、引き続きイレギュラーな事業所運営ではありますが、以下のような対応を取らせていただきたいと思います。

 

〇東松山本部(東松山市箭弓町1-11-7ハイムグランデ東松山2階)

 営業時間9:00-17:00

〇東松山駅前分室(東松山市箭弓町1-11-7ハイムグランデ東松山1階)

 営業時間10:00-15:00

〇東松山分室(東松山市小松原町17-19)

 営業時間9:00-17:00

〇北浦和分室(さいたま市浦和区北浦和5-6-5浦和合同庁舎別館1階 県障害者雇用総合サポートセンター内)

 営業時間8:30-17:00

〇久喜分室(久喜市久喜中央2-4-18第1イグサビル1階)

 営業時間9:00-17:00

 

 なお、上記時間内の開設はしておりますが、今後の社会情勢によっては営業時間のさらなる短縮、事業所の閉鎖なども考えられますので、その都度お知らせしたいと思います。

 また厚生労働省から「対面での相談業務の自粛」および「外部機関等への訪問・巡回支援の自粛」の通達を受けていることから、原則お電話やメールでの問い合わせへの対応を前提としております。もちろん必要に応じて来談いただいての相談や緊急対応のための巡回などは行いますので、ご用件のある方につきましては、上記時間内で先ずは各事業所へのお問い合わせをいただければと思います。

 ご不便ご面倒お掛けいたしますこと心よりお詫び申し上げます。何卒ご理解ご協力くださいますようお願いいたします。

 

NPO法人東松山障害者就労支援センター 代表理事:若尾勝己

 

令和元年度第1回障害者就労支援者基礎研修「障害者就労アセスメントセミナー」

本年度も、埼玉県および当法人受託事業「埼玉県障害者雇用総合サポートセンター・人材育成支援部門」主催、「NPO法人埼玉県障がい者就労支援ネットワーク」共催による、標記セミナーを実施いたします。

昨年度も同様のセミナーを開催しており、2日程で合計60名の参加者を迎えて実施いたしましたが、本年は就労支援におけるより実践的なプログラムを昨年度実施したものよりも更にversion-upし1.5日間で開催いたします。就労アセスメントをkeywordに、私たちが日ごろ大切にしてきている就労支援スキルのエッセンスをぜひ皆様と共有できればと思いますので、より多くの皆様のご参加をお待ちしております。

チラシ(表)
R1就労支援者基礎セミナーチラシ(表面).pdf
PDFファイル 436.2 KB
チラシ(裏)
R1就労支援者基礎セミナーチラシ(裏面).pdf
PDFファイル 423.9 KB

令和元年最初の法人基礎研修を行いました!

2019/5/15

令和元年5月14日に令和最初の法人全体研修を行いました。NPOとNPO法人の違いやNPO法人促進法の理解や「NPO法人東松山障害者就労支援センターZAC」の成り立ち、各事業内容の理解などの講義をしました。職員として基礎的な内容を振り替えり、外部に向けて発信できるよう共有することができました。

JC-NET発達障害就労支援セミナーinさいたま2018 無事に終了いたしました‼

2018年12月15日(土)・16日(日)の2日間、さいたま市にあります埼玉会館において、標記セミナーが終了いたしました。参加者の人数は多くありませんでしたが、広島・愛知・大阪・福島からそれぞれの地域で活躍されている講師をお招きし、充実した2日間の研修を実施できましたことご報告いたします。また、本セミナー実施にあたりましては、公益財団法人キリン福祉財団様の助成ならびに、NPO法人ジョブコーチ・ネットワーク様のご協力をいただけましたこと、感謝申し上げます。

第2回障害者就労アセスメントセミナー開催のお知らせ

 今年度9月に開催したセミナーの第2回目の開催です。詳細については、掲載したチラシを確認いただき、所定のお申込みをお願いします。前回開催時は定員24名の予定でしたが、お申込み人数が大幅に上回り30名を超す参加者での実施となりました。会場のスペース都合もあり、今回も24名定員での募集とさせていただきますので、ぜひお早目のお申込みをお待ちしております。

 

H30就労アセスメントセミナー(チラシ).pdf
PDFファイル 646.7 KB

法人本部事務所の開設が進んでいます!

 昨年度から準備を進めてきていました「法人本部事務局の移転」に向けて、この夏にようやく場所が決まり、店舗の内装工事と什器備品等のレイアウトなどをようやく終えました。インターネットの開設と電話の移設なども完了し、ようやく事務所らしくなってきましたが、正式な本部移転については年度切り替えに併せて実施する予定にしています。

 現在は、Pre開所という形になっておりますが、今年度中に順次必要な事務手続きを進めていく予定になります。お近くにお越しの際には、ぜひお立ち寄りください。(代表理事)

 

※東松山市箭弓町1-11-7ハイムグランデ東松山2階(リレーションシップセンター東松山の上の階になります)

法人内部研修(外部講師派遣研修・第2弾)「心理検査について学ぶ」

2018/11/20 

 本日は、法人内部研修(外部講師派遣研修・第2弾)の一環として、社会福祉法人横浜やまびこの里・横浜日吉就労支援センター センター長の松尾江奈氏にお越しいただき、「心理検査について学ぶ」と題し実施しました。

 本研修では、「知能とは?」「WAIS-Ⅳの概要と解釈方法について」「心理検査の種類」「ロールシャッハ・テスト」「SCT(精研式文章完成法テスト」といういくつかのポイントに沿って、様々な検査の概要からその人に関する情報をいかに読み込むか(アセスメント)について、分かりやすく学べる企画となりました。

 私たちが普段活動している相談支援の現場では、就労というkeywordで来所されるものの、その方々の多くが、様々な角度から課題感を検証する必要があると感じており、この様な機会で学べたということは、これらのケースへの対応力を少しでも引き上げることができるのではないかと感じた次第です。

 

本来業務がお忙しいさなか、ご協力くださった松尾さんには改めて感謝の意を述べたいと思います。

本当にありがとうございました。

また、12月21日にも同様の研修をお願いしており、2グループ目の職員が参加する予定となっています。しっかり学びそして実務に活かしていただければと切に願います。(代表理事)

法人内部研修の実施「脳機能障害の基礎的理解と職業的課題」

2018/11/12 

 本日は、法人内部研修の一環として、外部講師をお招きして「脳機能障害の基礎的理解と職業的課題」というテーマで研修を行いました。

 昨今の、相談ケースや支援対象となる方々の多くが、脳の機能障害が要因となる様々な課題を抱えており、支援者としてはこの様な領域に関する専門性が求められる様になりました。そこで、今回の法人内部研修には、愛知県名古屋市にあります社会福祉法人名古屋市総合リハビリテーション事業団・名古屋市総合リハビリテーションセンターの稲葉健太郎氏をお招きし、脳機能障害「注意・記憶・遂行機能・社会的行動障害・自己理解」などについて学ぶ機会といたしました。

 また、人事交流の一つとして、別日程で内部研修の講師としてお招き予定となっている、社会福祉法人横浜やまびこの里・横浜日吉就労支援センター センター長松尾さんのところの職員さん4名も参加していただいての開催となりました。(代表理事)

JC-NET発達障害就労支援セミナーinさいたま 開催のご案内

本年度も、公益財団法人キリン福祉財団助成事業「発達障害就労支援セミナー」を本法人と埼玉県障がい者就労支援ネットワークの共催で開催します。

つきましては、本ページにupしています申込用データを入手の上、所定のお申込みをお願いします。(代表理事)

申し込み用チラシ
★JC-NET発達セミナー2018(広報チラシ).pptx
Microsoft Power Point プレゼンテーション 169.4 KB
申込用紙
★JC-NET発達セミナー2018(申込用紙).docx
Microsoft Word 40.5 KB

平成29年度事業決算関係書類

平成29年度事業に関する各種報告書の掲載です。(代表理事)

平成29年度事業決算関係書類.pdf
PDFファイル 558.0 KB

最新ニュース

横浜日吉就労支援センターさんからお客さんがお見えになりました!

本日は、横浜市にあります、横浜日吉就労支援センターの職員さんお二人が、幕張版ワークサンプルを使って実施している当法人の就労準備性アセスメントについて、視察にお見えになりました。

久喜市にありますリレーションシップセンター久喜の職員も合流し、東松山駅前のリレーションシップセンター東松山で、実際にツールを活用しながらアセスメントの視点について1つ1つ確認しました。(代表理事)

2018/07/09

<法人内部研修を行いました>

 平成30年7月3日(火)にソニックシティビル会議室(さいたま市大宮区)にて、当法人初めてとなる全職員を対象とした全体研修「法人内部研修(基礎研修)」を行いました。

 研修内容は、私たちが活動する基となる特定非営利活動促進法から法人概要、障害者福祉施策や障害者雇用施策等、この仕事に携わる者として改めて振り返り学びを深めるものとしました。

 単元の最後には、私たちが今後求められる役割や成果について職員一人一人が意見を出し合い、その意見を具現化してゆくことを確認しました。

 今後この法人内部研修は、その内容を細分化・専門化して実践研修や専門研修を進めてゆきます。障害のある方の就労支援活動を通して公益の増進に寄与出来るよう、職員の支援の質を高める取り組みを続けてゆきたいと思います。

(根岸)

2015/06/03

平成27年度法人通常総会が無事に終了いたしました。

後ほど、事業報告書等を掲載します。

(若尾)

2015/06/24

 平成27年度第1回(通算第17回)埼玉県障害者就業・生活支援センター連絡協議会が、埼玉労働局雇用保険説明会場にて開催されました。今回は、埼玉労働局様との共催となり、前半13:30~14:30は埼玉労働局主催による議事進行、後半の14:45~17:00までは、埼玉県障害者就業・生活支援センター連絡協議会主催の議事進行となりました。

<参加者>

 障害者就業生活支援センターこだま・障害者就業生活支援センターかわごえ・障害者就業生活支援センターCSA・埼葛北障害者就業生活支援センター・東部障がい者就業生活支援センターみらい・障がい者就業生活支援センター遊谷・障害者就業生活支援センターSWAN・障害者就業・生活支援センターみなみ・秩父障がい者就業生活支援センターキャップ・障害者就業生活支援センターZAC・埼玉労働局職業安定部長・職業対策課長・職業対策課長補佐・障害者雇用担当官・雇用開発担当官・障害者雇用担当・埼玉県産業労働部就業支援課・埼玉県福祉部障害者支援課・埼玉県障害者雇用サポートセンター・埼玉県障害者職場定着支援センター

<前半議題>

1.平成27年度埼玉労働局における障害者雇用対策関係業務について

2.障害者に対する差別の禁止及び合理的配慮について

3.各種助成金関係について

4.その他

<後半議題>

1.地域の就労アセスメント体制を考える研究会について

(1)各センター設置地域における直接B型利用に関する就労アセスメントの実施状況について

(2)地域包括型就労支援の在り方について

2.ナカポツセンター在職者交流事業について

3.その他各センター間情報共有

(代表理事)

 

2015/07/06

 この8月より、当法人の新たな取り組みがスタートします。現在、東松山駅前に展開している障がい者就業総合相談室リレーションシップセンターの仕組みを久喜市でもスタートさせます。

 事業所は、久喜市西口より徒歩4~5分の所に、相談と評価を一体的に行う「障がい者就業総合相談室リレーションシップセンター久喜」として、また併設して短期的な就業前訓練の実施が可能な「就労支援センターGrassroots」を同時開設します。

 7月2日(木)に内装工事が完了し引き渡しとなりました。現在は、什器備品などの整備を進めています。(代表理事)

2015/07/13

 本日から2日間、法人の内部研修です。研修は、「MWS(幕張版ワークサンプル)を活用した就労アセスメント研修」です。プログラムの課題は、1日目の本日が「プラグ・タップの組立作業」と「ナプキン折り作業」になります。そして2日目の明日は「ピッキング作業」です。

 障がいのある方への就労支援を進める上で、ご本人の就労準備性や特徴を捉えることはとても重要です。職員の実践的な体験から導き出すご本人への評価ももちろん重要ですが、これらのツールを活用し、職員個々の経験的な価値観に囚われないご本人評価が行えることも、とても重要であると考えています。

 そのためには、この様な職員同士が切磋琢磨する機会も必要であると今年度から実施している企画になります。普段の雰囲気とは違う緊張感の中、研修が進んでいきます。

(若尾)

久喜事業所の内覧会のお知らせです‼
 来る7月31日(金)13:30~15:30、久喜で新たに開設する事業所の内覧会を実施します。ご興味のある方は、事務局までご一報いただき、ぜひご参加いただければと思います。
連絡先は、添付のPDF案内書をダウンロードください。
(若尾)
事業所内覧会のお知らせ.pdf
PDFファイル 524.8 KB

2015/08/19

 本日は、東松山駅前にあるリレーションシップセンターで、当法人の事業を利用されていた方が来所されて、「ゴボウケーキ」を作っていただき、集まったみんなでその味を堪能しました。

 現在ご本人は、地域では有名な、ランチタイムは予約なしには入れないという人気店、ブュッフェスタイルのレストランに就労されており、今回提供してくれたメニューも、そのレストランでレシピを学んだそうです。

 この日は、リレーションシップセンターで県サービス管理責任者養成研修連絡会の幹事会を臨時開催していたところでもあり、会議に出席していた他法人事業所の皆さんにもお配りし、好評いただいていました。

 とても美味しかったです。ありがとうございました。また企画しましょう!!

(若尾)

2015/09/05~06

 9月に入った第一週の土日を利用して、当法人に支援登録いただいている方々と毛呂山町にあるNPO法人トータルサポートネット主催の「トサポキャンプ2015in筑波・茂木」に参加してきました。

 1日目は茨城県の筑波山に行きました。曇り空の中約2時間を掛けて登頂しましたが、皆さん汗びっしょりで良い(!?)運動になりました。

 2日目は栃木県益子市にて益子焼の絵付け体験をしたり、真岡市にて走るSLを見学しました。

 今回宿泊した施設は廃校となった校舎を再利用しためずらしいところで、とても快適に過ごすことが出来ました。

 参加くださった皆さん、お疲れさまでした!また次回も楽しみにしています!

(根岸)

2015/10/15

 本日は、埼玉県サービス管理責任者就労分野養成研修(10月・11月・12月・1月の4日程で開催される予定)の演習に使用する映像のビデオ撮りでした。

 障がいのある人の「就労支援のためのアセスメント」というタイトルの演習では、職業準備性評価のためのツール「MWS(ワークサンプル幕張版)」の活用方法や、それらを使用した就労アセスメントの視点について学ぶ科目になります。当法人の職員がキャストとしてビデオに登場します。良い研修につながれば…と期待したいところです。

(若尾)

2015/10/19~20

 昨日に引き続き、本日も法人職員向け内部研修「MWSを活用した就労アセスメント」を実施しています。昨日は、2つの課題について、教示側と教わる側に分かれて、それぞれの立場で課題に取り組みます。就労アセスメントの視点に立つということを就労支援の入口支援力強化と考え実施しています。改めて、行動観察の難しさを体験してもらっています。

(若尾)

2015/10/22

 本日は、リレーションシップセンター久喜において、埼葛北圏域の就労支援部会が開催されました。就労部会は、社会福祉法人啓和会の埼葛北障害者就業・生活支援センターの皆様が中心となって運営されており、今回は当法人が行う就労アセスメントの仕組みについて、当法人が実施している事業説明と併せてお伝えさせていただく場をいただきました。

 本会には、就労支援機関はもとより圏域内の特別支援学校・就労系事業所・相談支援事業所など35名の方がお集まりいただき、賛否ともにご意見をいただく機会となりました。久喜市を中心とした埼葛北圏域の就労支援に少しでも寄与できるよう、がんばりたいと思います。

(若尾)

2015/11/16

 セミナーのご案内です。

「JC-NETジョブコーチminiセミナーin東松山2015」を開催します。

 ジョブコーチの制度は、今年度から訪問型および企業在籍型職場適応援助者という名称に変わりました。しかし、就労支援に関わる技術は何も変わることがありません。障害のある方と企業の橋渡し役であり、専門職であると考えます。この専門職としての技術を2日間で簡単に学べる研修企画になります。障害のある方の就労支援に携わる方、相談支援事業所の方、就労系障害福祉サービス事業所の支援員の方、障害のある方の就労支援に興味のある方、そして企業担当者の方、ぜひご参加ください。

◎開催内容

 ①基礎講座:平成27年12月5日(土)9:45~17:00 東松山市民文化センター第1会議室 定員40名

 ②実践講座:平成27年12月6日(日)9:15~17:00 東松山市松山市民活動センター大会議室 定員18名

◎参加費:無料

◎参加申込み方法:下記連絡先にセミナー案内・申込用紙等をご請求ください。メール又は郵送でお届けいたします。

◎お問合わせ先:電話0493-81-5623 e-mail/jc.seminar.hmy@gmail.com 担当・根岸まで

(若尾)

2015/11/27

 いよいよ1週間後に控えました「ジョブコーチminiセミナーin東松山」ですが、スタッフも準備に余念がありません。本日は、2日目の演習を担当するスタッフの演習打合せです。企業との交渉でペアを組んで企業役を演じるトレーナー・スタッフと、システィマティックインストラクションで障害者役を演じるトレーナー・スタッフ、ともに真剣に下打ち合わせを行っています。

 若手のスタッフで全てキャスティングしたので、当日がとても楽しみです。みんな頑張れ!!

(若尾)

平成27年6月1日現在調査(厚生労働省発表資料20151127)
厚生労働省より、平成27年6月1日現在における民間企業等の障害者雇用状況についての調査結果が発表されました。本年度も、引き続き過去最高の伸びであったとのことです。
厚生労働省発表20151127.pdf
PDFファイル 3.8 MB
平成27年6月1日現在調査(埼玉労働局労働省発表資料20151127)
こちらは、埼玉労働局による平成27年6月1日現在における民間企業等の障害者雇用状況についての調査結果になります。上記、厚生労働省による全国の状況との比較をしてみてください。なお、埼玉県教育委員会は、県の公的機関で唯一障害者雇用率未達成機関になったそうです。しかも、その不足している障害者の数は59.0人と全国の教育委員会の中でも最も数が多いそうです。残念です。
埼玉労働局発表20151127.pdf
PDFファイル 2.0 MB

2015/12/19

 本日、障害者就業・生活支援センター在職者交流企画『社会生活力向上セミナー』を、東松山駅前の障がい者就業総合相談室リレーションシップセンターにて開催致しました。

今回は『地域で安全に暮らしていくために〈ケータイ・スマートフォン・インターネットの利用について〉』をテーマとして学習致しました。

 午前の部21名、午後の部27名にご参加いただきました。

 さらに午前の部では北海道札幌市で就労支援に携わっている方2名が見学にいらっしゃいまして、セミナー参加者の方々と一緒にグループワークにご参加いただきました。

 参加者の皆さんの真剣さ、そして真面目さは、寒さも吹き飛ばすほどの熱気でした。

 今回のセミナーが参加者の皆さんの社会生活に少しでもお役に立てれば幸いです。

 今年も残すところあとわずかとなりましたが、お互い風邪などひかぬよう頑張っていきましょう。

 

 写真はセミナー終了後の、午前の部と午後の部のそれぞれの集合写真です。(本間)

2016/1/30

 本日、障がい者就業総合相談室リレーションシップセンター東松山にて、障害者就業・生活支援センター在職者交流企画『交流ピアサロン』を開催致しました。

 今回は『その言葉、その行動の裏側に...』と題しまして、相手の言葉や行動の裏にある人の感情について考えることをテーマに14名参加者の方々と活発な意見交換を持つことができました。

 前日から雪交じりの雨が降り天候が心配されましたが、午前中には天気は回復し無事開催することができました。

 まだまだ寒さ厳しい季節が続きますが、皆さん風邪などひかぬよう、また明日からそれぞれの職場でご活躍下さい。(本間)

2016/02/05

 本日は月例のセンター事業局会議をリレーションシップセンター東松山で行いました。

 会議では、前月の各事業実績の進捗状況をスタッフ間で確認・共有し、それらをもとに当月以降の活動予定を検討することにしています。また、特に共有が必要な支援事例についても報告・確認し、支援内容や方向性を検討することにしています。今月は、来年度実施予定の事業内容についても情報共有を行いました。

 障がいのある方の「働きたい」を支え続けられるよう、気を引き締めて業務に当たりたいと改めて感じております。 (根岸)

2016/02/27

 本日、障害者就業・生活支援センター在職者交流企画『社会生活力向上セミナー』を、東松山駅前の障がい者就業総合相談室リレーションシップセンターにて開催致しました。

 今回は『地域で安全に暮らしていくために〈振り込め詐欺(オレオレ詐欺)悪徳商法について〉』をテーマとして学習致しました。

 午前の部21名、午後の部21名と今回も多くの方にご参加いただきました。 

 セミナー初参加の方も多くいましたが、皆さん活発な意見を出し合い、お互いの交流を深めながら学習されておりました。

 

 写真はセミナー終了後の、午前の部と午後の部のそれぞれの集合写真です。(本間)